生産履歴検索システム

ページを閉じる

牛肉トレーサビリティシステム

  トレーサビリティとは、「どこで産まれ、どこの誰が、どんな飼料を与えて育てた牛なのか」を確認できる仕組みです。
  (株)ヨコオ ミート事業部では、平成16年11月1日出荷分より、「和牛」、「国産牛」の生産履歴の情報を蓄積し、
  当ホームページ上で情報提供していきます。


  ※弊社、牛肉商品のお問い合わせは、電話(0462-28-0585)にてお願い致します。


トレーサビリティの仕組み ※牛肉トレーサビリティ法とは?
●牛が産まれると、牛の両耳に「個体識別番号」が印字された
 耳標を装着します。
●食肉加工センターでと畜された牛は枝肉になり、ひとつの枝
 肉にひとつの個体識別番号がひもつけられます。
●枝肉は、ロース・バラなどの部位別にカットされ部分肉になり、
 それぞれに個体識別番号がひもつけられます。
●(株)ヨコオ厚木工場に納品された部分肉は、スライス・カット
 され、お問合せ番号を印字したラベルでパック詰めを行い、
 各お取引様店舗へ出荷します。→ミート事業部の紹介
●インターネット上で、お問合せ番号をもとに牛の個体識別番号
 (生産履歴情報)が検索できます。



固体識別番号 検索  
ご購入いただいた商品のラベルに印字してあるお問合せ番号を、下の入力欄に入力していただくと、当該商品の個体識別番号が表示されます。 サンプル写真

お問合せ番号:

  ※半角数字8ケタで入力してください。
 
 
COPYRIGHT(C)2004, YOKOO All rights reserved.
(株)ヨコオのホームページへ